長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
健康福祉課
>
本人通知制度について

平成28年12月より山ノ内町本人通知制度が始まります

1.本人通知制度とは

住民票の写しの等の不正請求および不正取得による個人の権利の侵害の抑止および防止を図ることを目的とし、「住民票の写し等」を「代理人」に交付した場合に、事前に登録された方にその交付の事実をお知らせする制度です。

 

「住民票の写し等」とは・・住民票の写し(除票含む)、住民票記載事項証明書、戸籍の附票(除籍含む)、戸籍の謄抄本(除籍、改正原戸籍含む)、戸籍記載事項証明書(除籍含む)です。

 

「代理人」とは・・ご本人からの委任状により住民票の写し等の請求を行う代理人のことです。住民票の写しと住民票記載事項証明書の場合はご本人及び同一世帯の方以外の方、戸籍の附票と戸籍の謄抄本、戸籍記載事項証明書の場合はご本人及びその配偶者、直系親族以外の方を意味します。

 

2.制度を利用するには

(1)制度の対象となる方

山ノ内町に住民登録がある方(過去に住民登録があって除票が残っている方を含む)、または本籍がある方(除籍となった方を含む)です。

 

(2)事前登録が必要です

制度を利用するには事前に登録が必要となりますので、登録申込書に必要事項を記入のうえ、運転免許証等の本人確認書類を添えて健康福祉課住民環境係の窓口で申請してください。登録期間(通知の対象となる期間)は申請をした翌日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までです。それ以降も引き続き通知を希望される方は期間満了の1月前から再度申請をすることができます。

遠方にお住いの場合や、15歳未満の方で登録を希望される場合などはご相談ください。

 

(3)登録内容の変更および廃止

登録の内容に変更が生じた場合や、登録の廃止を希望される場合には変更・廃止届出書の提出が必要となります。登録期間が満了し新たな申請がされないとき、通知の不着などで申請時の住所に居住していないことが判明したとき、国外に転出されたときなどは登録が廃止となります。

 

3.通知について

代理人に住民票の写し等を交付した場合、事前登録された方に交付通知書にてお知らせします。この通知は交付の年月日、証明書の種類および件数をお知らせするものです。代理人に関する情報をお求めの場合には、山ノ内町個人情報保護条例に基づく開示請求が必要となります。(希望する情報が開示されない場合もあります。)

 

4.その他

この制度は住民票の写し等を代理人の請求により交付した事実のみをお知らせする制度で、代理人への交付を制限するものではありません。

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

健康福祉課住民環境係 0269-33-3116
 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)