長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
健康福祉課
>
予防接種について
>
風しん追加対策事業

風しん追加対策事業(第5期定期接種)  ※今年度で終了予定

 風しんの感染拡大防止のために、風しんの公的な予防接種を受ける機会のなかった、昭和37年(1962年)42日から昭和54年(1979年)41日までの間に生まれた男性を対象に、風しんの抗体検査及び風しんの予防接種を定期接種として無料で実施します。

 ※詳しくはこちら:風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)

 ※リーフレット

 

・風しんについて

風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。

風しんウイルスに感染すると、約2~3週間の潜伏期間の後、発しん、発熱、首のうしろのリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。また、せき、鼻汁、目が赤くなる(眼球結膜の充血)などの症状が見られることもあります。

妊娠中の女性が風しんに感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、心臓に異常があるといった「先天性風しん症候群」になる可能性があります。

 

大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重症です。

 

1.対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性

※紛失等により再送付を希望する場合は、健康づくり支援係(0269-33-3116)までお問い合わせください。

 

2.実施期間

 令和元年6月下旬から令和4年(2022年)228日まで

 

3.実施内容・検査・接種の流れについて

風しんの抗体価を調べるために、事前に抗体検査を必ず行います。

抗体検査の結果、十分な風しん抗体がない人に 麻しん風しん混合(MR)ワクチンの予防接種を行います。

 

 

※風しんの予防接種が必要な抗体価基準PDF

 

4.風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(全国)

風しん追加対策事業を行っている全国の医療機関で抗体検査及び予防接種ができます。

 

全国の医療機関はこちら(外部サイト)

 

5.クーポンについて

 抗体検査・予防接種ともに、住民票のある市区町村から送られてくるクーポン券の提示が必須となります。クーポン券が無い場合、無料で受けることはできません。

 クーポン券の有効期限は令和4年(2022年)228日までです。期限内にご利用ください。

 山ノ内町外へ転出された際には、山ノ内町のクーポン券はご利用いただけません。転出先の市区町村へ新しいクーポン券の発行を依頼してください。

 住民票のある市区町村のクーポン券を持参すれば、全国の取扱い医療機関にて抗体検査・予防接種が受けられます。

 ※クーポンは対象者へ発送済みです。クーポン券を紛失された方は、再発行ができますので健康づくり支援係(0269-33-3116)ご連絡ください。

 

6.抗体検査費用及び予防接種費用

住民票のある市区町村から発行されたクーポン券の持参がある場合のみ原則無料

 

このページについてのお問い合わせ

健康福祉課健康づくり支援係 0269-33-3116