長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
楓の湯
>
楓の館(湯田中駅旧駅舎)

楓の館(湯田中駅旧駅舎)

 

楓の館

「楓の館(やかた)」は、昭和2年(1927年)4月28日に開業しました旧湯田中駅舎をリニューアルしたものです。

志賀高原にちなんだ山小屋風の駅舎は、当時とすれば大変モダンで開業当時は大変な人気でした。

旧湯田中駅舎は町内の各温泉や志賀高原への玄関口として、多くのお客様をお迎えしてきました。しかし、昭和31年に国鉄の上野・長野間の急行列車の乗り入れにより、ホーム反対側の現駅舎に利用が移りました。

隣接する「楓の湯(平成15年4月開湯)」に併せ、旧駅舎を建築当時の配色に極力近いものでリニューアルしました。

交流室や展示室として、町民をはじめ観光客もお気軽にご利用いただけます。

ただし、展示会や発表会などの催物や販売等で利用する場合は事前に利用許可を受けていただきますようお願いします。

 

利用時間

 午前10時~午後8時まで

利用料

展示室1,000円/日   交流室500円/日   雁木(軒下)300円/日

 ※展示会や発表会などの催物や販売等で占用して利用する場合のみ

 ※暖房施設を使用した場合は、上記利用料に100分の175を乗じて得た額

 ※営利を目的に利用する場合は、上記利用料に100分の200を乗じて得た額

 ※楓広場は別途利用料が必要となります

利用許可申請等

利用許可申請書(様式第1号)

利用料減免申請書(様式第3号)

申請先

 一般財団法人山ノ内町総合開発公社事務局まで(山ノ内町役場3階) 電話0269-33-3111(内線204)

 

登録有形文化財(建築物)

昭和2年、長野電鉄平穏線開業時の湯田中駅停車場本屋が、国土の歴史的景観に寄与しているものとして、平成17年(2005年)2月9日に文化財登録されました。

詳しくは下のバナーをクリックしてご覧ください。

 

 

このページについてのお問い合わせ

湯田中駅前温泉「楓の湯」 0269-33-2133 4282