長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
観光商工課
>
観光交流ビジョン

山ノ内町観光交流ビジョン

YOKOSO!ユネスコエコパークのまち「山ノ内町」へ
~豊かな自然とおもてなしで世界の皆さんをお迎えします~

近年の観光を取り巻く環境の変化や、町の現状を踏まえたうえで、平成28年度から32年度までの5年間の観光立町「山ノ内」のあるべき姿を見据え、これを実現するため、町民全員が共通の目標を持って様々な取り組みが行えるよう「山ノ内町観光交流ビジョン」を策定しました。計画の実行に際しては皆さまのご協力をおねがいします。

観光交流ビジョンの構成

序章 はじめに
1 ビジョン策定の主旨
2 ビジョンの位置づけ
3 ビジョンの計画期間と目標
第1章 山ノ内町観光を取り巻く状況
1 国や県等の取り組みや現状
(1)観光立国政策
(2)全国自治体の状況
(3)長野県観光振興基本計画〔2013~2017〕
(4)長野県観光の現状
(5)信州デスティネーションキャンペーン・諏訪御柱祭
(6)北陸新幹線の富山・金沢延伸
2 観光マーケットの動向及び社会情勢の変化
(1)総市場規模の展望
(2)外国人観光客の動向
(3)不透明な経済情勢
(4)環境問題の深刻化
(5)宿泊観光客数の推移
(6)旅行等に関する意識の変化
(7)観光旅行形態の多様化
(8)旅行タイプ別の希望率と経験率
(9)今後の観光旅行の動向
第2章 山ノ内町観光の現状と課題
1 山ノ内町観光の現状
(1)観光地延利用者数及び観光消費額等の推移
(2)スキー場利用者数の推移
(3)学習旅行の来訪児童・生徒数の推移
(4)外国人宿泊者数の推移
(5)国・地域別外国人観光客数の推移(四半期別)
(6)月別及び時間帯別の滞在人口
2 山ノ内町観光の課題
(1)「地域の魅力」の活用
(2)有効な情報発信
(3)外国人観光客への対応の遅れ
(4)北陸新幹線の延伸のチャンス
(5)年間を通じた雇用の場の確保
第3章 ビジョンの基本方針と展開方策
1 基本方針
2 展開方策
(1)ユネスコエコパークの理念『自然と人間社会の共生』に基づく地域づくり
(2)国際的な観光地づくり
(3)魅力的な観光地づくり
(4)おもてなしのまちづくり
(5)誘客プロモーション活動の積極展開
第4章 ビジョンの推進体制
1 推進体制確立の必要性
2 各主体が担う役割
(1)行政の役割
(2)観光関連団体の役割
(3)観光関連事業者の役割
(4)町民の役割
資料編 ビジョンの策定経緯
1 諮問
2 審議経過
3 答申
4 住民からの意見聴取
5 審議に携わっていただいた皆様

第3次山ノ内町観光交流ビジョン(PDF版)

 

 

このページについてのお問い合わせ

観光商工課観光商工係 0269-33-1107
 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)