長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
健康福祉課
>
熱中症にご注意ください

熱中症にご注意ください

 

熱中症とは
   「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症します。
特に、気温が上がり始める梅雨明けの時期や、前日に比べて急に気温が高くなる日は体が高温に慣れていないために注意が必要です。
熱中症患者の約半数は高齢者です。高齢者は暑さやのどの渇きを感じづらくなっているため気づかないうちに脱水症状に陥っている場合があります。
また、子どもは体温調節機能が未発達で、気温の影響を受けやすいため注意が必要です。特に乳幼児では暑さによる体調不良をうまく伝えることができません。服装や水分補給のタイミングなど大人が注意して見守るようにしましょう。
 
 熱中症の症状
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
重症になると、
返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い
 
熱中症予防のために
1)こまめに水分補給を
 ・室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくてもこまめに水分・塩分、経口補水液*などを補給しましょう
 *水に食塩と糖分を溶かしたもの
2)暑さを避けましょう
 ○室内では…
  ・扇風機やエアコンで温度を調節しましょう
  ・遮光カーテン、すだれ、打ち水等を利用しましょう
  ・WBGT値*も参考にしましょう
    *WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数
         環境省ホームページ(熱中症予防情報サイト)に観測値と予想値が掲載されています
 ○外出時には…
  ・日傘や防止を着用しましょう
  ・日陰の利用、こまめな休息をとりましょう
  ・高温注意報が出ている日は外出をできるだけ控えましょう
 ○からだの蓄熱を避けるために 
  ・通気性のよい、吸湿・速乾性のある衣類を着用しましょう
 ・保冷剤・氷・冷たいタオルなどで体を冷やしましょう
 
熱中症を疑ったら
1)涼しい場所へ移動
  風通しのよい日陰や涼しい室内へ移動させます。
2)衣類をぬがせ体を冷やす
  衣類を脱がせる等して体から熱の放出を助けます。皮膚に水をかけてうちわや扇風機などで風を送り体を冷やします。首や脇、足の付け根に氷嚢やアイスパックなどをあてることも有効です。
 3)水分・塩分の補給
   意識がはっきりしていれば、冷たい水や、スポーツ飲料、経口補水液などを補給しましょう。
 4)救急車を呼ぶ・医療機関へ運ぶ
  
 
【熱中症関連情報】 
▷ 厚生労働省
「健康のため水を飲もう」推進運動
職場における労働衛生対策[熱中症予防対策]
▷ 環境省
熱中症情報[熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレット、予防カードなど]
熱中症予防情報サイト[暑さ指数(WBGT)予報など]
▷ 気象庁
熱中症から身を守るために[気温の予測情報、天気予報など]
異常天候早期警戒情報
▷ 消防庁
熱中症情報[熱中症による救急搬送の状況など]

 

 

このページについてのお問い合わせ

健康福祉課健康づくり支援係 33-3116 2013
 

 

 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)