長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
健康福祉課
>
デング熱について

デング熱について

 

デング熱はデングウイルスによって起こる急性熱性感染症で、このウイルスを保有する蚊に刺されることによって感染します。
アジア、中南米、アフリカ等の世界の広範な地域で流行しています。主な媒介蚊はネッタイシマカとヒトスジシマカです。
人から人へ直接感染することはありませんが、国内での感染が増加しており、蚊に刺されて発熱等の症状がある場合は、医療機関への受診をお勧めします。
 
(1) 概要
・蚊が媒介するデングウイルスによる熱性疾患です。
・ヒトが感染しても、発症する頻度は10 %から50 %です。
・ヒト(患者)― 蚊―ヒトという経路で蚊を媒介して感染しますので、ヒトからヒトに直接感染することはありません。
(2) 症状
・潜伏期間は、多くは3 日から7 日(最大期間2 15 日)とされ、その後、突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹等が現れます。
・通常は発病後2~7日で解熱しそのまま治癒します。
・まれに重症化して、出血やショック症状がみられることがあります。
(3) 治療法
・特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。
・現在のところ、有効な抗ウイルス薬はありません。
(4) 予防法
・国内では、ヒトスジシマカ(主に日中で屋外で吸血する)がデング熱を媒介する可能性があります。
・蚊との接触を避け、刺されないようにすることが重要です(特に日中)。
・具体的には、次のことが挙げられます。
①長袖、長ズボンを着用するなど、屋外の作業において、肌の露出をなるべく避ける。
②虫よけ剤等を使用し、蚊を寄せ付けないようする。
③室内の蚊の駆除を心掛ける。
④蚊の幼虫の発生源を作らないように注意する。
蚊は、水辺に産卵する。下水溝、廃タイヤの中や水桶等の人工的な環境下においても産卵し、増殖する。
 
関連情報
 デング熱について(厚生労働省HP)
 デング熱に関するQ&A

 

このページについてのお問い合わせ

健康福祉課健康づくり支援係 33-3116 2013
 

 

 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)