長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
教育委員会
>
学校給食センター

学校給食センター

新着情報

  11月献立表前半      12月献立表前半 

  11月献立表後半      12月献立表後半 

 

令和3年11月29日(月)は「韓国メニュー」でした。

メニューは 

ごはん、牛乳、わかめスープ、チャプチェ、大根キムチです。

 山ノ内の給食に初登場した、ごはんがすすむ韓国メニューです。主菜は、『チャプチェ』と言います。春雨とお肉や野菜を「コチュジャン」という少し辛い調味料などで炒めた韓国料理です。もともとは野菜だけの炒め物だったそうですが、今では春雨を入れることが一般的になっています。本場韓国では、「タンミョン」と呼ばれる太い春雨で作るそうです。

 ではクイズです!この「タンミョン」という春雨は、何から作られるでしょう? ①米 ②豆 ③さつまいも

・・・・  答えは③さつまいもです。 少し灰色っぽい色をしていて、太くてモチモチしているそうです。

 チャプチェは児童生徒から「おいしい」と好評だったようで、先生からも「食べて国際理解も大切な要素です。暮らし、文化を知ることから始まるような気がする。」との声もありました。

 

令和3年11月26日(金)は「東小学校お楽しみ献立」でした。

メニューは 

ココアパン、牛乳、ABCスープ、鶏肉のから揚げ、春雨サラダ、米粉のももタルトです。

 東小学校のみなさんのメッセージを紹介します。「給食委員会で、全校にアンケートをとって決めました。それぞれの学年のアンケートを集計したあとに、委員会でバランスなどについても考えました。楽しんで食べてもらえると、うれしいです。」とのことです。

 パンにあわせた人気のメニューがそろいました。アンケートを集計するときに、給食委員会のみなさんが、バランスなどに気をつけて組み合わせてくれたのがとても良いです。給食センターでもその気持ちに応えられるように、心をこめてていねいに調理しました。

 人気のメニューばかりなので、残り物の争奪戦が起こるほど、児童生徒には大好評だったようです。

 

令和3年11月25日(木)は「いい日本食の日献立」でした。

メニューは 

ごはん、牛乳、みそけんちん汁、秋鮭の塩焼き、ひじきと大豆の煮物です。

 11月24日は語呂合わせから、「いい日本食の日」とされています。(毎週水曜、金曜がパンの日なので1日遅れです。)日本の食事『和食』は、ユネスコ無形文化遺産に登録され、栄養バランスがよく、健康的な食事として、世界中から注目されています。山ノ内町の給食でも、ごはんを中心とする和食の献立を大切にしています。地元の食材や旬の食材を使い、だしのうま味を生かして調理して、季節感が出るように工夫しています。

また、古くから伝わる行事食や郷土食を取り入れて、和食の良さを児童生徒のみなさんにもっと知ってほしいと思っています。今回は、旬の秋鮭を中心にした「これぞ和食」の献立です。

 

令和3年11月24日(水)は「揚げパン」でした。

メニューは 

揚げパン、牛乳、チキントマトスープ、ミートボールの甘酢あん、巨峰っこゼリーです。

 今年初めての「揚げパン」です! 揚げパンはパン屋さんが作っていると思っている人も多いと思いますが、実は給食センターで作っています。

 揚げたてのパンはとても熱いのですが、熱々のうちに砂糖をまぶさないと、パンにうまく砂糖がつかないので、調理員さんたちはとても手際よく作っていました。チームワークよく作った揚げパンに、児童生徒の感想は「毎日でも出してほしい」との声もあり大好評でした。

ではクイズです!揚げパンを作るときの油の温度は高い方がよい?○か✕か?・・・  答えは○です。高温でサッと揚げることで『外はカリッと、中はふんわり』した揚げパンになります。

 

 大きな釜で揚げているところ

砂糖をまぶしているところ

 

 

令和3年11月18日は「地域食材の日」でした。

メニューは 

ごはん(雪白舞)、牛乳、きのこ入りすいとん汁、信州サーモンのフリッター、野沢菜のひき肉炒めです。

  月に一度の「地域食材の日」です。ごはんは山ノ内産こしひかりの「雪白舞」。山ノ内の人参にえのきやしめじ、須賀川のみそや長野県産小麦粉で作ったすいとんは、「きのこ入りすいとん汁」に・・・。木島平村の野沢菜漬けは、長野県産の豚ひき肉と炒めました。そして、『食べて応援メニュー』として今月は、「須賀川の信州サーモン」を県から無償で提供していただいたので、「フリッター」で味わっていただきました。

 児童生徒のみなさんには給食を通して、長野県食材の素晴らしさを知り、命をいただいていることに感謝しながら、山ノ内や長野県の食材を食べて応援してほしいと思います。

 

 

令和3年11月8日は「いい歯の日献立」でした。

メニューは 

ごはん、牛乳、のっぺい汁、ししゃもの南蛮漬け、茎わかめの炒め煮です。 

 11月8日は、数字のゴロあわせで「いい歯の日」。そこで給食でも「よくかんで食べることのできる食べ物」を取り入れました。 ではクイズです!よくかんで食べるといいことがあります。それは何でしょう? ①食べ物の消化を助ける。 ②歯並びがよくなる。 ③脳の働きがよくなる・・・・ 答えは①②③の全部です。よくかんで食べることで、食べ物が小さくなり、胃に入ったとき消化しやすくなります。また、あごの骨や歯をよく使うことで、成長とともに歯並びがよくなります。脳も刺激されて、脳の働きもよくなります。ひと口30回を目指して、普段の食事からよくかんで食べましょう。

 

 

 

 

過去の行事食等

10月  栗ごはん  南小学校お楽しみ献立  東小2年生じゃが芋  サイコロステーキ

9月  地域食材の日  冷やし中華  ひくシオたすベジ  お月見  中学校お楽しみ献立

8月  ビビンバ  野菜の日

7月  キムタクごはん  七夕献立  ナン  真鯛(2回目)  夏野菜カレー  地域食材の日

6月  米粉パ  新メニュー(ポテトカップグラタン 地域食材の日  真鯛

5月  子供の日献立  地域食材の日  カレー 

4月  入学進級お祝い献立  お花見給食  地域食材の日

3月  ひな祭り献立   応援献立    卒業祝い献立    年度最後の献立

2月  地域食材の日

 

 

 給食センターでは、生産者の方々の思いの詰まった食材を、ていねいにおいしく調理して、児童・生徒に届けています。

 給食の食材は、保護者からの給食費で賄っていますが、地産地消割合の向上のため、町から200万円の補助を受け、町内産→北信管内産→県内産→国内産の順に選定し使っています。

 

 

 

給食センター概要

                                           ※R3.4.1現在 

名称 山ノ内町学校給食センター

所在地 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏3392番地

TEL・FAX 0269-33-5580

 

 

 開設

昭和58年4月

給食数

761食(小学校 3校 19学級 405人、中学校 1校 7学級 231人、教職員等101人)

職員構成

所長 1名

学校栄養職員 1名

調理員 10名

給食費

小学校 260円/食

中学校 307円/食

給食形態

米飯給食 週3回(月・火・木曜日)

パン給食 週2回(水・金曜日)

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

山ノ内町学校給食センター 0269-33-5580

 

 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)