長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
農林課
>
農作物の剪定枝等の適正な処理

農作物の剪定枝等の適正な処理について(お願い)

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(昭和45年12月25日法律第137号)により、野外で廃棄物を焼却する「野焼き」は原則禁止されています。

  一方で、農業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却に限り「焼却禁止」の例外とされていますが、周囲の生活環境への影響が最小限となるように、焼却によらない処理に一層取り組んでいく必要があります。

  こうした状況の中で近年、農地周辺の住民や観光客から、稲わらや剪定枝等の焼却により発生する煙や臭い等について指摘や苦情が寄せられています。

  農業者の皆さまにはこのような状況を十分に御理解いただき、焼却によらない稲わらや剪定枝などの適正な処理と農作業に起因する火災防止について、一層の取り組みをお願いします。

 

1 稲わらや果樹等の剪定枝などを処分する場合、法律上、事業系一般廃棄物となり、その処理については排出者である農業者が責任をもって適正に処理しなければなりません。

2 稲わらや果樹等の剪定枝などは、やむを得ない場合を除き堆肥の原料、土壌改良資材または敷きわらなどに活用するなど、適正に処理してください。

3 稲わらや果樹などの剪定枝等の焼却を、農業を営むためにやむを得ないものとして行うものであっても最小限となるよう努めるとともに、周囲への延焼、火災防止のための措置をしっかりと講じてください。

4 一般廃棄物である稲わらや果樹等の剪定枝などの処分に関して不明な点に関しては、町住民環境係または町農業振興係へ確認のうえ、適正な処理をお願いします。

 

 なお、腐葉土・剪定枝堆肥を販売、購入、譲渡、譲受などする場合、放射性セシウムが400Bq/kgを超えるものは農地土壌に施用できませんのでご注意ください。

※参照 長野県ホームページ

放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について

 

※参照 農林水産省ホームページ

肥料中の放射性セシウム測定のための検査計画及び検査方法

 

 

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。このリンクについてのご質問などはウェブリオまでお問い合わせ下さい。

このページについてのお問い合わせ

農林課農業振興係 0269-33-3112

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)