長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
農林課
>
農業委員会について

農業委員会について

農業委員会とは

農業委員会は、地方自治法によって市町村に設置が義務付けられている行政委員会で、「農業委員会等に関する法律」に基づき、選挙によって選ばれた地域農業者の代表委員と、農業団体・町議会の推薦を受けた選任委員によって、農業者の代表機関として運営されています。

 

新たな「農業委員」と「農地利用最適化推進委員」について

農業委員会等に関する法律の改正により、平成30年4月15日からスタートする町の農業委員会では、「農業委員」のほか「農地利用最適化推進委員(以下「推進委員」)」を設置します。

新たな農業委員は公職選挙制から、農業者や団体等からの推薦や募集により町長が任命し、新設する推進委員は農業者や団体等からの推薦や募集により農業委員会が委嘱する方法に変わりました。

山ノ内町農業委員会が行う通常の職務は両委員とも同じです。唯一の違いは農業委員会定例会において、農業委員は議決権を有するのに対し、推進委員は会議に参加して意見を述べることはできますが、議決には参加できない点です。従いまして両委員の報酬は同額です。

  • 農業委員定数  14人
  • 推進委員定数  8人以内

 

「農業委員」及び「農地利用最適化推進委員」の応募状況

新たな農業委員及び推進委員の募集を締め切ったところ、農業委員14名、推進委員6名の応募がありました。結果は次のとおりです。

 ・農業委員14名

 ・推進委員6名

 

今後農業委員は議会の同意を得て町長が任命し、推進委員は農業委員会が委嘱を行います。

 

関係条例等

 

農業委員会が行う主な業務

 

農業委員会だより

 

農業委員会議事録

  •  

その他お知らせ

 

リンク