長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
農林課
>
ブランド農業推進室

ブランド農業推進室

 
「だから旨い!清流育ち。」
 
 
       
 
   標高2,000mの志賀高原から流れ出る
   清らかな水と澄んだ空気、
 昼と夜の寒暖差が大きい気候風土。 
 
   恵まれた自然条件の中で、
 真面目で熱意ある農家が丹精込めて作り出す
 農産物は、深い味わいの最高傑作です。 
 
 
 
 
      ブランド農業推進室では「だから旨い!清流育ち。」をキャッチフレーズに、
    多くの皆さま方に自信を持ってこの味をお伝えする取り組みを行っています。
 
 

やまのうちフルーツの里 ブラッシュアップ品評会

果樹生産者の技術向上・生産者の士気高揚を図るとともに、「やまのうち」ブランドとして広く情報発信することを目的に毎年開催しています。





 ○歴代の入賞者はこちらをご覧ください。

 
 

(株)新宿高野との取り組み

当町では新宿高野様の協力をいただき、平成27年度から、町自慢の果物(りんご・ぶどう等)をとりあげた産地PRイベントの開催や、フルーティーライフ教室等への講師派遣(町認定農業者)を行うなど、産地の紹介や食べ比べにより町の果物の美味しさを伝えています。

■(株)新宿高野フルーツカッティング教室 (H30.10.4)

山ノ内町の特産である果物(りんご、ぶどう等)を活用し、観光客へのサービス向上につなげることを目的に、(株)タカノフルーツパーラー チーフ フルーツクチュリエ 森山登美男氏によるフルーツカッティング教室を、山ノ内町文化センターにおいて開催しました。
当日は町内の旅館・ホテル・飲食店の関係者40名の参加により盛大に開催されました。
教室では、森山氏による講義の他、実際にペティナイフを使った実習や、自らがカッティングしたフルーツを使ってミニパフェ作りなどを行いました。
山ノ内町の基幹産業である「観光」と「農業」が連携(地産地消)し、山ノ内町産の果物のおいしさを全国へ広めるとともに、山ノ内町へ訪れたお客様へのおもてなしに役立てるため、参加者は熱心に受講されていました。





 

信州 志賀高原サンふじフェア (H30.11.15~11.23)

高級フルーツ専門店の新宿高野本店では、日本全国から選りすぐりの果樹産地を紹介するフェアを毎月開催しています。毎年11月には当町のりんごを取り上げていただき、フルーティーライフ教室や試食販売などを行いPRしています。









 

 

トップセールス

 JAながの志賀高原ブロックとともに、町長のトップセールスを行っています。
首都圏、関西圏、中京圏の市場や、仲卸人、大手百貨店、高級果実専門店、大手小売業等を回り、町の果実をはじめとする農産物の美味しさを町長自らがPRしています。
懇談する関係者からは、優良な産地であることや、果実の品質の高さは一定の評価を得ていますが、量の確保を期待されています。
 




 
 

各種物産展でのPR活動

町の認定農業者連絡協議会やJA菌茸部会の協力により、各地で行われている物産展等へ出向きPR活動や対面販売を行っています。
開始時間前にもかかわらず長蛇の列にお並びいただくこともありますが、「毎年来ているよ」「山ノ内町のりんごを待ってたよ」などのお声掛けをいただき、参加した農家の皆さんとともに嬉しくもあり励みにもなっています。

【出展イベント】
 花と緑の北足立市場まつり(東京都)、小牧市民まつり(愛知県)、
 所沢市民まつり(埼玉県)、食の物語フェア 北部市場マルシェ(愛知県)、
 熊谷市産業祭(埼玉県)、玉村町産業祭(群馬県)、足立区
「光の祭典」(東京都)
                                     など

 









 

 

その他のブランド振興

【雪白舞(ゆきしろまい)】

山ノ内米研究会(やまのうちまいけんきゅうかい)の皆さんが研究を重ねた管理基準に従い、会員の圃場で栽培された一定の食味値基準を超えたコシヒカリのみを町のブランド米、雪白舞(商標登録)として平成28年度に発表し、道の駅やJAながのでの販売、町のふるさと納税の返礼品として紹介しています。

量は少ないのですが、一部町内の旅館でも提供されますので、ご宿泊とともにプレミアムなお米を味わってみてはいかがでしょうか。

また、研究会はブランド米の生産とともに「米・食味分析鑑
定コンクール:国際大会」での金賞受賞を目標に取り組みを
しており、平成30年度に開催された第20回大会では国際総合部門での金賞には届きませんでしたが、1名の会員が都道府県代表お米選手権において「金賞」を受賞しました。昨年の特別優秀賞に続き、2年連続の受賞となります。
 
 

【生産基盤の構築】

長野県果樹研究会穂波支会では、平成29年度に開催された「全国果樹技術・経営コンクール」において農林水産省生産局長賞を受賞しました。

支会では毎月の例会や技術研修会、収穫前の園地の巡回など会員自らの活動や、講師を招き技術向上に向けた研修会の開催や情報交換など日々技術の研鑽を行い、また、新規
 就農を目指す方への実践的な研修指導や技術向上に意欲的な
 新規就農者などを他の地域からも会員として受け入れるなど
 地域の取り組みが評価されました。

 これらは、ブランド力を持つ農産物の生産を支える大切な取
 り組みと言えます。

 
 

【前坂大根(まえさかだいこん)の会】
「信州の伝統野菜」に認定されている前坂大根の栽培及び消費の拡大を目的に活動しています。前坂大根は一般的な大根と比べるとやや下膨れた形で、肉質は緻密で硬く水分が少ないことが特徴です。
現在は会の共同ほ場と一部農家が自家用に栽培しているのみですが、毎年11月頃に収穫祭を行っており、事前に予約いただければ購入も可能です。また、会では前坂大根を使った様々なレシピを考案したり漬物講習会を開催したりして、より多くの方に前坂大根の存在とおいしさを広める活動を行っています。

 

 

その他の受賞

北信地域りんご「秋映」コンクール・長野県うまいくだものコンクール
 長野県きのこ品評会など

 

 

このページについてのお問い合わせ

農林課ブランド農業推進室 0269-33-3112
 

 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)