長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
総務課
>
押印見直し

行政手続き等における押印の廃止について

町では、町役場での手続の際に町民の皆様の負担を軽減し、利便性向上を図るため、令和4年4月1日から各種申請書等への押印を廃止します。

ただし、住民の方の権利義務に関わるような重要な手続きは、引き続き押印や署名、身分証明書の提出又は提示が必要です。

実際に手続きされる場合は、事前に各担当係へお問い合わせください。

 

押印廃止となる手続き

押印廃止となる手続きは、押印廃止手続き一覧(PDFファイル)のとおりです。

 ・押印廃止手続き一覧(PDF)

 

<押印廃止となる手続きの例>

 ○印鑑登録の申請(申請者の押印は省略可能ですが、登録印は押印が必要です。)

 ○体育館の使用申請書

 ○補助金の申請書 等

 ※上記は一例のため、実際の手続きでは、押印を求めることもあります。

 

 

このページについてのお問い合わせ

総務課庶務文書係 0269-33-3111

 

 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)