長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
総務課
>
自治会に対する町の考え方

自治会に対する町の考え方

1.自治会とは

地域住民相互の親睦を図りながら様々な活動を行い、地域の課題を解決していくことで、自分たちの地域を住みよいまちにしていくために自主的・民主的に運営される任意の自治組織です。

区域内での住民間の連絡、環境の整備、集会施設の維持管理、良好な地域社会の維持など地域的な共同活動を行っています。

 これらの活動は、区域内住民の自治会への加入を前提として行われており、良好な地域社会の維持には区域内住民相互の協力が必要不可欠です。

 

2.町との関係

町では、自治会と町(行政)との関係について、自立した自治会と行政との相互関係であると認識しています。つまり、自治会等は町の下部組織ではありません。町民と行政が相互にもたれ合うのではなく、お互いを尊重し相互に自立した関係を築くことで、地域の実情に即し、協力して各種の活動を行うことができると考えています。

 そこで、行政文書の配布、各種委員の推薦などの地域へお願いする事項については、町区長会を通して協力をお願いすることとしています。

  また、自治会において自主的に取り組まれている環境の保全や美化活動、防犯・防災活動、福祉活動などについては、住民自治の活動であり町としても推進すべきものであるため、これらの活動を交付金の対象として側面から支援することとしています。

  地域での人間関係が希薄になりつつあることは、防犯や防災面で問題であるとの指摘があります。さらに、少子高齢社会の進展など現在の社会情勢を踏まえると、コミュニティ活動の活性化や住民自治の振興がますます重要になってきています。

  自治会において、よりよいまちづくりに向けた積極的な活動や提言がなされ、また、地域での公益的な活動について役割分担と協力の体制が可能となれば、町民との協働による自治運営が推進できるものと考えます。

 

3.自治会への加入

 自治会への加入は義務ではありません。しかし、上記のとおり住民の皆様が相互に協力し親睦を深めることは極めて大切なことであるから、山ノ内町としては自治会に加入いただくことをお勧めしています。

 

 お住まいの区への加入方法や区の活動内容などは、区の役員(区長、組・班長など)の方にお尋ねください。

 

  

このページについてのお問い合わせ

総務課庶務文書係 0269-33-3111