長野県山ノ内町公式ウェブサイト

山ノ内町
>
総務課
>
選挙結果
>
在外選挙関係

在外選挙制度の概要

外国に住んでいても、国政選挙に投票できます

 

 仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙(衆議院総選挙、参議院選挙)で投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。

 公職選挙法の一部改正により、これまで比例代表選出のみの投票であった在外選挙制度が改正され、国政選挙であれば選挙区選挙も投票できるようになりました。

 

 詳しくはこちらのページをご覧ください。(総務省公式ウェブサイトへリンク)

 

投票するためには、まず在外選挙人名簿への登録申請が必要です

 在外投票をするためには在外選挙人名簿(※注 国内の選挙人名簿とは異なります)への登録が必要となり、この手続きはご本人又は同居家族等からの申請が必要となります。

※「同居家族等」とは、在留届の氏名の欄に記載された者及び同居家族の欄に記載されている者をいいます。
  同居家族による申請の場合は在外公館で配布されている申出書が必要です。

 

 在外選挙人名簿の登録申請方法

 満18歳以上の日本国籍を有する方で、引き続き3ヶ月以上住所を管轄する在外公館の管轄区域内に住所を有する人であれば、在外選挙人名簿に登録できます。

 申請には国内で行う方法と海外で行う方法があります。

(1)国内で申請 *国外への転出届提出に合わせて申請できます(平成30年6月1日より)

 ・町の選挙人名簿に登録のある方(または、申請者の委任を受けた者(受任者))

 ・在外選挙人名簿登録移転申請書に必要事項を記入のうえ住民窓口へ申請(申請者本人または受任者の本人確確認書類が必要です)

 ・受任者が申請者に代わって申請する場合、申出書の提出が必要です

 ※在外公館への在留届提出を国外に転出後4か月以内に行ってください。

 出国時に国内で申請(外務省HP:外部リンク)する場合

(2)国外で申請

 ・ご自分の住所を管轄する在外公館に、在外選挙人三重簿登録申請書と旅券等本人確認のための書類を提出し

  てください。

 ※公職選挙法の一部改正により、在留届の提出と同時に在外選挙人名簿への登録申請を行えるようになりまし 

  た。

 海外(在外公館)で申請(外務省HP:外部リンク)する場合

 

在外選挙人名簿に登録された方には「在外選挙人証」を交付します

 選挙管理委員会は審査を行い、名簿に登録された場合には在外選挙人証を作成し、在外公館を経由して本人に交付します。

 在外選挙人証は投票を行う際に必ず必要になりますので、大切に保管してください。

 

在外選挙人の投票方法は3つあります

在外公館投票

 国外滞在先で直接在外公館へ出向いて投票

郵便等投票

 国外滞在先から選挙管理委員会へ投票用紙等を請求後、投票用紙を受け取り、選挙管理委員会へ投票を送付して行う

国内で投票

 町の第4投票区投票所(上条研修センター)または、期日前投票所(町役場)にて投票

 

関連リンク 

 ○ 外務省 在外選挙(外部サイトへリンク)

 

このページについてのお問い合わせ

山ノ内町選挙管理委員会 0269-33-3111
 

お答えが必要なご意見等はこちらで はお受けできません。直接担当課へお願いします。また、個人情報は入力しないでください。(個人情報を入力し送信されても回答はいたしません。)